ブレイン・セラピーの器械について | ブレイン・セラピー体験会 | ブレイン・パワー・トレーナー

「ブレイン・セラピー」は、「ブレイン・パワー・トレーナー」という器械を用いて行います。

ブレイン・パワー・トレーナー

「ブレイン・パワー・トレーナー」は、電気信号の2つの異なった周波数を混合することによる干渉波が脳の深層部に達し、脳波をアルファ波、シータ波に誘導します。
脳内血流の量を増やし、脳のストレス解消、集中力・記憶力をアップ。脳が活性化されます。

「ブレイン・パワー・トレーナー」は、平成3年視力回復を目的とした「ガンマー10」、平成5年には防衛庁航空自衛隊に正式採用され、平成16年には、全省庁統一資格という健康器具では前代未聞の歴史を持つ製品を20数年間の歳月を費やし、臨床実験・改良を重ね、ついに軽便でどなたでも気軽にご使用できる製品として発売しました。

ストレスは万病の元とも言われます。このストレスを取り除き、安定した精神で日々を送るにはどのようにしたら良いのか?そこで、脳科学に着目しました。
脳波は、ストレスが溜まるとβ(ベータ)波という周波数域になります。
このβ(ベータ)波領域をストレス脳波・緊張脳波とも言います。仕事や家事など日々、活動している状態は全て、このストレス脳波領域です。
このストレス脳波をリラクゼーション脳波であるα(アルファ)波や、さらに超リラックスしたときの瞑想脳波と言われるθ(シータ)波まで、脳波を自由自在に誘導することができたら、ストレスを解消することができます。

「ブレイン・パワー・トレーナー」を使用して、頭部に微弱な電流を流せば、ストレス脳波をリラックス脳波へ心地よく誘導できます。
また、毎日のようにご使用してリラックス脳波を会得することにより、どこにいても急激なストレスを感じた時も自己暗示により、リラックス脳波を思い出し、自由自在にリラックスする事ができるようになります。

本製品の臨床実験におきまして、脳内血流量の増加や、血液画像分析、脳波誘導臨床実験等、驚異の臨床実験効果が立証されています。

ブレイン・パワー・トレーナーの主な機能

干渉波の電気信号により脳波をアルファ波、シータ波と誘導する。
周波数は13Hz、10Hz、8Hz、6Hz、4Hzz、151Hzの6段階。
矩形波形により、眼球内部の筋肉等をよく解すことによる、視力調整。
1/fリズムと腹式呼吸法により体内酸素を補給。



脳活性・脳波誘導装置の歴史

1991年(平成3年) 視力回復を目的とした「ガンマー10」開発、発売。
1993年(平成5年) 防衛庁航空自衛隊にて正式採用される。
1994年(平成6年) 長嶋巨人軍の影の秘密兵器としてマスコミ等に紹介される。
2001年(平成13年) 「ガンマー10」の姉妹品「アイブレイン」製造、販売。
2004年(平成16年) 脳波誘導装置「ブレインウェーブ」製造、販売。
七田教育研究所に採用される。
全省庁統一資格取得(海上自衛隊推薦)。
2010年(平成22年) 干渉波応用脳波誘導装置開発・臨床実験。
2011年(平成23年) 干渉波応用脳波誘導装置「ブレインマスター」発売。
2012年(平成24年) 携帯用・充電機能付加の脳波誘導訓練装置開発。
2013年(平成25年) 「ブレイン・パワー・トレーナー」製造、販売。